スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げられないようです


うーん、どうもタイトルに生首を入れるのが苦手みたいです。

むしろ、主語なしのタイトルの方が好きなのだろうか・・・?


たいとるの作品は、三国志に向けて鋭意制作していたもので、
B級アメリカ映画みたいな雰囲気の作品に仕上げてみました。


以下ネタばれあるよ

B級アメリカ映画の醍醐味


それは、はちゃめちゃな設定と、エンドレスなストーリーじゃないかな、
と勝手に思っています。

そのどちらも、この作品には取りこんでみました。


あと、脂肪フラグのようなものは、無駄にたくさん引いてあります。
こいつ死ぬだろwww的なキャラは大抵死にます。


だって、アメリカ映画ってそうじゃないですか?

高慢ちきな性格、幸せ寸前の人間って、死にません?

(勝手なイメージ)


まぁ、そのようなコンセプトのもと、出来上がったのが、この作品。

本スレの最後に、次回作はないのか、と聞かれましたが、

次回作は街狩りさんが

今のところは、考えておりません。

さて、もう一本ほど書きだめがあるので、それも投下してしまいましょう!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。